【wildo】フォールダーカップ レビュー 超軽量コンパクト!登山やキャンプで気軽に使えるULマグ

調理器具・テーブル周り

ほとんどのキャンパーさんにとって、必須ギアの一つと言える “マグカップ“

メメタァ
メメタァ

紙コップでも全然良いですが、自分専用のマグは気分が上がります。

実用的な物からオシャレな物まで、いろんなマグカップがありますが ”必ず持って行くギアだからこそ軽量化したい“と考える方も多いかもしれません。

今回は、そんな軽量重視の方へオススメの折り畳みマグカップ “【wildo】フォールダーカップ”をレビュー

小さく畳めて超軽量、頑丈で熱い飲み物もOK、スタッキング性能の高さ等が魅力のマグカップになります!

この記事を読むと分かる事
  • wildoフォールダーカップの使用感
  • wildoフォールダーカップのスタッキング例
  • wildoフォールダーカップのオススメポイント

登山家やULキャンパーからの評価が高いのも魅力的。実用重視、軽量コンパクトなマグカップを検討中の方は是非ご覧下さい!

スポンサーリンク
この記事を書いた人

九州在住 33歳会社員 
キャンプ歴:3年目
年間40泊前後のソロキャンパー
バックパック一つの軽量スタイル 
無骨ギアとヒロシさんが好き( • ̀ω•́ )
 
2023年10月 月間3万PV達成!
主にソロキャンプ向け情報・ギアレビューやノウハウを発信しています
 
企業案件の実績アリ! 
ギアの無償提供でお受け致します 
詳細はプライバシーポリシー 
ご依頼はブログお問い合わせまで 
 
Twitter 開設1年目( ´ω`)/
キャンプ関連フォロワー3000名突破! 
 
\フォローお願い致します!/

メメタァをフォローする

こんな方にオススメ

  • UL思考のキャンパーさん
  • ギアのスタッキング性を重視する方
  • どこでも気軽に使えるマグを検討中の方

【wildo】フォールダーカップ 詳細

製品仕様

商品名wildo(ウィルドゥ)フォールダーカップ
本体サイズ9.4×7.2×2.9cm(折り畳み時)
容量200mℓ
重量約25g
素材・通常版:TPE(BPAフリー)
・グリーンライン:TPE(50%植物性)
カラーライム,ライトブルー,オレンジ,レモン,オリーブ,ライラック,レッド,デザート,ネイビー,アズール(*GL),シュガーケーン(*GL),ラズベリー(*GL)

※GL-グリーンライン 環境に配慮した素材を使用
生産国スウェーデン
メーカーwildo ※正規販売店UPI(ユーピーアイ)


「ウィルドゥ」は1979年にスウェーデン⻄部の町で創業、「Wild Outdoor」からその名がとられたカトラリーブランド。ウィルドゥが誕生するきっかけになった製品で、40年以上前の開発当初から今も変わらないデザインで世界中に愛されている折り畳み式カップです。丈夫で軽くコンパクトなカップはまさにあらゆるアウトドアシーンで活躍することでしょう。

引用:UPI(ユーピーアイ)

容量十分!超軽量コンパクトに畳めるマグカップ

収納時のカップは超コンパクトしかし展開すると容量200mℓのマグカップになり、ソロで一杯分のコーヒー等を飲むのに程良いサイズになります。

重量は僅か25g。ここが登山家やULキャンパーに人気な理由ですね。畳むと指で摘めるほど薄いため、スタッキングの幅が広いのも特徴です。

メメタァ
メメタァ

軽量コンパクトで容量も十分!ULギアが好きな方へオススメです。

取り回しが良く、どこでも手軽に使える

展開の早さゆえに、どこでも手軽に使えるのも魅力の一つ。キャンプ地に到着後すぐ使えますし、撤収ギリギリまで使ってもサッと畳んで荷物の隙間に収納できます。

場所を取らない分、小型のソロテーブルでも省スペースで利用でき、低価格で気兼ねなく使えるのが良いですね

メメタァ
メメタァ

どこでも気軽に使えるマグカップになります!

熱い飲み物もOKな高い耐熱・耐久性

冷たい飲み物はもちろん、熱い飲み物もOKな耐熱性を完備。熱湯やスープを入れてもカップが溶ける事なく、触れても熱さを感じません。

更に本体は人体に無害な素材が採用されており、安心して使用できます。

購入後、既に何度も使ってますが折り目から裂けたり型崩れも一切ありません

過去、スウェーデン軍で採用されていたのも納得の耐久性。3分以内なら電子レンジ加熱できる(空焚きNG)というのも驚きです。

メメタァ
メメタァ

登山やキャンプと相性の良い耐久性の高さです。

気分や好みで選べる豊富なカラー展開

wildoフォールダーカップは豊富なカラー展開も魅力の一つ。今回、紹介するオリーブカラー以外に、明るい色から落ち着いた色まで種類が豊富なのが人気の理由でもあります。

引用:Amazon

用途毎にいくつか色分けして持つのもアリ。私は野外に合うオリーブに惹かれましたが、登山好きの方には目立つ明るいカラーが人気のようです。

引用:Amazon

メメタァ
メメタァ

カラーひとつで雰囲気が変わる!きっとお好みの色が見つかりますよ。

【wildo】フォールダーカップの使用感

”wildo フォールダーカップ“の使い方・使用感やスタッキング例を簡単に解説します。

フォールダーカップの展開・折り畳み方法

  1. 持ち手の下を指で押し上げる
  2. 広げてカップの形を整えて完成

収納方法は、側面から内側に折り込むだけと非常に簡単です。

マグカップとしての使用感

まず、基本のマグカップとしての使用感。思いの外、しっかりした作りの持ち手が握りやすかったです。

指でツマんでも安定感が有り、包むように持っても持ち手が邪魔になりません。

コーヒードリッパーを使えるのも良いですね。本体が軽い分、荷物の軽量化ができると考えると、豆やミルを準備してコーヒーに凝るのもアリだと思います。

熱い飲み物でフチが熱くならないのも良い。少し前にチタンカップを購入しましたが、このwildoのカップが手軽過ぎて、結局こればかり使ってるような気がします。

メメタァ
メメタァ

シーンを選ばず使える優秀なマグカップでした。

おつまみの取り皿にも使える

wildoのカップはちょっとした取り皿にも使えます。畳んだ状態でも軽いおつまみが十分入る大きさのため、缶ビール等を飲む時にも活躍中。

既に他のマグカップを持っている方もシーンによって使い分けできるので、補助のカップとして持つのもアリだと感じました。

メメタァ
メメタァ

お皿としても便利!料理の副菜なんかも入りそうでした。

スタッキングの可能性は無限大

wildoのカップはスタッキングしやすいのも魅力の一つ横幅が9.4cmなので、畳んだ状態で“BIC スリムライター”や”SOTO アミカス“がスッポリ収まります。

大人気のクッカーである“Snow peakアルミクッカー(小)”や小型のチタンカップ・シェラカップにもスタッキングできるサイズ感。

私はよく、Snow peakアルミクッカー(小)→Bestargotチタンカップ→wildo(アミカス)という順番で収納し、空いたスペースにコーヒーや調味料を入れて持ち運んでいます。

深さがあるクッカーなら立てて収納する事もできる等、スタッキングの可能性は無限大だと感じました。

大きめのクッカーなら250サイズのOD缶と一緒に収納できたり。他にも戦闘飯盒のナカゴやメスティンにも収まるので、ギアの組み合わせを試行錯誤する楽しさもあります。

【Snowpeak】アルミクッカー レビュー ソロキャンプ飯はコレ一つでOK!直火で使えてスタッキングしやすい万能セット

メメタァ
メメタァ

アイデア次第でいろんなスタッキングが可能でした!

【wildo】フォールダーカップのデメリット

軽量コンパクトで素晴らしい“wildo フォールダーカップ”、しかし実際に使ってみて分かったデメリットが2つあります

wildo フォールダーカップのデメリット
  • 熱い飲み物がすぐ冷める
  • 飲み物の匂いが移りやすい

熱い飲み物がすぐ冷める

wildoのカップは、シリコン状のプラスチック素材のため保温性がありません

熱い飲み物は数分で冷めてしまうので、コーヒー等をゆっくり味わいたい方は注意が必要です。

一応、メルカリ等でwildo用のコジー(保温カバー)が販売されているので、気になる方は覗いてみるのも良いと思います。

メメタァ
メメタァ

すぐ冷めるとはいえ、5分くらいなら問題ありません。

飲み物の匂いが移りやすい

ここが個人的に一番気になった部分カップ本体に飲み物の匂いが移りやすいです。

私はよくコーヒーやウィスキーをこのカップで飲みますが、大抵、数日は匂いが残ってしまいます。

正直、二日酔いの朝、コーヒーを飲もうとしてウィスキーの匂いがするとウッとなりますね…。まあ、数日経てば落ち着くので、今後も気にせず使っていくつもりです!

メメタァ
メメタァ

匂い移りしやすいのが一番気になりました。

ワンサイズ大型のwildoフォールダーカップもオススメ!

今回、紹介したフォールダーカップよりワンサイズ大きいビッグカップもオススメ

引用:Amazon

  • サイズ:12cm×10.5cm×3.9cm(折り畳み時) 
  • 重量:約46g

こちらはマグカップというよりもスープ等の器として人気。ビッグカップにフォールダーカップをスタッキングできる点も優秀なので、組み合わせて使うのも良いと思います。

引用:Amazon

まとめ:【wildo】フォールダーカップ レビュー 超軽量コンパクト!キャンプや登山で気軽に使えるULマグ

wildo フォールダーカップのオススメポイント
  • 超軽量コンパクトなサイズ感
  • 1杯分の飲み物に丁度良い容量
  • とにかくスタッキングの幅が広い
  • 高い耐熱性・耐久性を完備
  • 低価格でどこでも気兼ねなく使える
  • あらゆる方に合う豊富なカラー展開
wildo フォールダーカップの注意点
  • 熱い飲み物がすぐ冷める
  • 飲み物の匂いが移りやすい
  • 燃える可能性がある為、火の元に注意

オシャレというよりは実用重視なマグカップになりますが、何より軽量コンパクトでスタッキングの幅が広い所が気に入りました高耐久で価格が安く、気軽に使えるのも良いですね。

以上、“wildo フォールダーカップ”のレビュー記事でした。

メメタァ
メメタァ

どんなスタイルの方も、一つ持っておくと便利なマグカップですよ!

ポチッして下さると嬉しいです〜(・▽・)/ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました